リビッテ ハンドセラムはAmazonで販売できるが・・・

リビッテ ハンドセラム

 

手の甲や指は、年齢が現れてしまいやすい部位です。手の皮膚は紫外線にあたりやすく、炊事などでダメージを受ける機会が多いため、乾燥や肌荒れなどのトラブルが起きやすくなります。手の肌荒れ対策に効果的として、今人気を集めているのが株式会社日本メディカル研究所が発売しているリビッテハンドセラムです。ベタつきのない使い心地と高い保湿力を持つハンドケアアイテムとして、多くの人に選ばれています。

 

リビッテハンドセラムは市販されていないため、薬局やドラッグストアなどの量販店から買うことはできません。インターネット通販のみの流通となっています。公式サイトのほか、Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングで販売されています。最近までAmazonでは購入できなかったのですが、リビッテの需要の高まりにともなって販売されるようになりました。

 

販売サイトによって価格が異なり、下表の通り、リビッテハンドセラムを最安値で購入するなら公式サイトがおすすめです。

 

公式サイト Amazon 楽天 Yahoo
2,640円(税込) 3,800円(税込) 2,640円(税込) 2,640円(税込)
送料無料 送料無料 送料550円 送料550円

\ 最安値 /
合計2,640円

合計3,800円 合計3,190円 合計3,190円

 

公式サイトの定期購入ならお得な価格で買うことができますし、送料もかかりません。また定期購入プランだけでなく、まとめ買い用のセット商品も用意されています。

 

その他のサイトから購入すると、こうしたお得な特典を利用することができません。最安値でお得にリビッテハンドセラムを買うのなら、購入者に嬉しいサービスがたっぷりと用意されている公式サイトを選びましょう。

 

 

リビッテ ハンドセラムの公式サイトがおすすめ

リビッテ ハンドセラム

 

前述の通り、リビッテハンドセラムを購入するのは公式サイトが最も最安値です。公式サイトで購入するためには定期購入に申し込む必要がありますが、最低購入回数の縛りがなく1回でも解約できるので安心して購入することができます。

 

リビッテ公式サイトの定期購入コースの特徴

リビッテハンドセラムの公式サイトの定期購入コースにはいくつかの特徴があります。

 

回数の縛りなし(いつでも解約可能)
毎回送料無料
お届けサイクルを自由に選べる

1週間前までならスキップや指定日変更OK
携帯用ミニボトル(30ml)毎回プレゼント
※毎回2本以上の定期購入から適用

 

定期購入ではない「まとめて購入プラン」がある

リビッテの公式サイトには、定期購入コースのほか「まとめて購入プラン」というものがあります。3本と5本をまとめて1回限りで購入するというものです。5本まとめて購入プランだと1本おまけが付いてきます。購入時にさっぱりタイプとしっとりタイプをそれぞれ何本ずつにするか選択できます。

 

 

公式サイトの決済方法

リビッテの公式サイトでは以下の決済方法が利用可能となっています。

 

  • クレジットカード(VISA・MASTER・JCB・AMERICAN EXPRESS・DINERS)
  • 代金引換(佐川急便)
  • 後払い(コンビニ、郵便局、銀行)
  • Amazon Pay

 

リビッテ ハンドセラムの公式サイトはこちら

↓↓↓

https://revitte.net/

リビッテ ハンドセラムの効果は?

リビッテ ハンドセラム

 

リビッテハンドセラムを使用すると、白くきめこまやかなふっくら美しい手を手に入れることができるかもしれません。これは、本商品が「アルカリ温泉水」にボタニカル成分を配合した手専用の美容液であることに由来します。

 

そんな本商品は、一度塗れば手をしっとりサラサラにしてくれる効果を長時間期待できる点が特徴であり魅力です。なお、そのような効果を期待できるのは、リビッテハンドセラムが美容効果の高い温泉水をベースに10種類もの植物エキスを厳選して配合していることに由来します。

 

これにより、塗った後長時間サラサラ状態を維持し、使えば使うほど水分を保持しやすい美しい肌を導いてくれます。また、多くのハンドクリームは油分を含ませることで肌の表面を潤ったように感じさせるだけで実際には肌に浸透しにくいのが一般的です。これは、ハンドクリームがかさついた手の脂分を補うことを目的としていることに由来します。

 

一方で、オイル成分を一切使っていないリビッテハンドセラムに対しては、肌の内部角質層までその成分を浸透させることでそもそも乾燥や刺激に強い肌を作ってくれる効果を期待できます。さらに、ほのかなラベンダーの香りが良いので塗ることでリラックス効果も得られます。

リビッテ ハンドセラムの口コミ

良い口コミ

リビッテハンドセラムの口コミを集めてみました。

 

美容師をしているので手荒れは職業病と諦めていましたが、同僚に勧められて購入したのがリビッテです。まず嬉しいのが、ポンプ式なので手軽に使えるところ。手に塗るとすぐになじんでべたつきません。使い始めて1週間ですが、手荒れが改善されました。

口コミで高評価だったのでお試しタイプを購入。化粧水のように軽い付け心地なのに、しっかり潤います。手を洗ってもしっとり感が残っているのはすごい!パッケージがお洒落で、リビングのインテリアの一部になっています。

他社のハンドクリームを使っていましたが、油分が多すぎて寝る前しか濡れませんでした。しっとりタイプのリビッテを1回につき2プッシュしても肌にすぐに浸透します。使い続けていると、ハリを失った手がふっくら柔らかくなってきました。ラベンダーの香りは控えめでちょうどいいです。

 

悪い口コミ

さっぱりタイプを購入しましたが、普段ハンドクリームを使い慣れているからか、さっぱりし過ぎて物足りない感じがしました。

1本(150ml)を使い切りましたが、手にはあまり変化は起きていません。こまめに使っているためか量が意外と少なく感じるので、コスパはあまり良くないかもです。

 

手軽に使えてべたつかない使用感や、手にハリが戻る、手年齢が若返ったなどの口コミが多かったです。ハンドクリームのようにしっかりとうるおいを感じたい方にはやや物足りないようですが、こまめに使ってハンドケアをしたい方には向いている商品です。

リビッテハンドセラムの特徴

リビッテハンドセラムの特徴をまとめます。

 

オイル成分ゼロだからベタつかない

リビッテハンドセラムはハンドクリームと違ってオイル成分がありません。そのため速乾性があり、塗ったあとにすぐにベタつきを気にすることなくスマホやタブレットなどを操作することができます。

 

さっぱりタイプとしっとりタイプの2種類

成分は同じですが、「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」というテクスチャーの異なる2種類からお好みで選ぶことができます。さっぱりタイプは水のようにサラッとしていて、しっとりタイプはとろっとしたなめらかなテクスチャーです。しっとりタイプは肌になじませるとさらさらのローションに変化します。

 

 

抜群の浸透力を持つ天然アルカリ温泉水を使用

リビッテハンドセラムのベースに使われている水は、日本三名泉のひとつである「七栗の湯(榊原温泉水)」を100%使用しています。温泉水は分子構造が細かいため、角質や毛穴にも浸透しやすい特徴があります。

 

 

温泉パック効果

また温泉水は、皮脂と混ざり合うことで肌の表面が温泉パックのような状態になり、水分の放出を防ぐ働きがあります。

 

温泉ミネラル

温泉水の理想的なミネラルバランスによって、キメの細かい、なめらかな質感が期待できます。

 

10種類の植物エキス配合

リビッテハンドセラムには、保湿・美容効果の高純度植物エキス、3種類のオーガニック成分と、7種類の植物由来美容成分が配合されており、ふっくらと弾む滑らかな手肌が期待できます。

 

 

低刺激、安全性に配慮した8つのフリー

リビッテハンドセラムは添加物を排除して100%美容成分から作られています。

 

・香料フリー
・アルコールフリー
・パラベンフリー
・着色料フリー
・鉱物油フリー
・紫外線吸収剤フリー
・界面活性剤フリー
・シリコンフリー

 

 

リビッテハンドセラムの使い方

 

リビッテハンドセラムは完全無添加なので使いすぎを気にすることはありません。手の乾きを感じたら1回につきワンプッシュして手になじませます。さっぱりタイプとしっとりタイプ、どちらも伸びの良い美容液なので、前腕の半分まで塗ることができます。

 

また、日中だけでなく、寝ている間の保湿ケアにも使えます。寝る前にリビッテをたっぷり塗って手袋をつけて寝ることで、就寝中に肌表面に潤いを与え、翌朝しっかりふっくらとした肌が期待できます。

リビッテハンドセラムの基本情報まとめ

 

商品名 リビッテ ハンド美容液
成分 水(榊原温泉水)、ラベンダー花水、BG、ペンチレングリコール、グリセリン、ソメイヨシノ花エキス、ハトムギ種子エキス、モモ葉エキス、セージ葉エキス、マグワ根茎エキス、オウゴン根エキス、カミツレ花エキス、ヨモギエキス、アロエベラ葉エキス、キサンタンガム
内容量 150mL
保存方法 高温・高湿及び直射日光をさけて、涼しいところに保管してください。
販売者

株式会社日本メディカル研究所
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島7-9-5

メーカー

株式会社咲楽

 

更新履歴
トップへ戻る